青森県動物愛護センター - トピックス
  仔猫育成ボランティアの方に育てていただいた猫が譲渡されます。
 当センターでは、平成30年度から仔猫育成ボランティア事業を開始しています。
 この事業は、仔猫育成ボランティア(以下「育ボラ」とします。)の方に幼齢な猫を譲渡できる大きさになるまで大切に育ててもらうものです。
 今年度もこの事業を継続しており、育ボラの方に育てていただいた猫が
10月31日(土)から譲渡動物となります。

 各家庭でたくさんの愛情をうけて、大切に育てられた仔猫です。新しい飼い主さんを募集していますので、ぜひ、当センターにお越しください。


写真左【メイ 雑種 メス 820g 推定3ヵ月】
【ボランティアさんから】

「ご飯よりも遊びを優先する子なので、ある程度遊ばせたらケージ内での食事にしました。ヒザの上や、人の近くに寄って来て眠ります。」
11月11日譲渡されました。

写真右【オー 雑種 オス 960g 推定3ヵ月】
【ボランティアさんから】
「ご飯よりも遊びを優先する子なので、ある程度遊ばせたらケージ内での食事にしました。眠くなると指をチュパチュパしてくる可愛い子です。甘え上手。」

11月3日譲渡されました。

【センターから】
オーちゃんとメイちゃんは兄弟。元気に追いかけっこする毎日です。




写真左【イー 雑種 メス 750g 推定3ヵ月】
【ボランティアさんから】
「とっても人懐こい子で、すぐにヒザの上にのってきます。足が速く、ジャンプ力のある元気な子です。」
11月10日譲渡されました。

写真左【リャン 雑種 メス 750g 推定3ヵ月】
【ボランティアさんから】
「おっとりしているように見えますが、とても活発です。寝つきはとても良いです。おもちゃをくわえて歩くのがお気に入り。」

11月8日譲渡されました。

【センターから】
イーちゃんとリャンちゃんは兄弟。毎日元気に遊んでいます。


           更新年月日:令和2年10月30日